PMSチェックリス卜とかゆみ対策

ノウハウ

生理が始まる前に起こる不快な症状をPMS(月経前症候群)といいます。
下腹部が重い感じ、乳房の張り、頭痛や肌荒れ、ニキビなどなど。

程度の差はあれど誰もが経験するこの悩み。
少しでも軽くする方法はあります。


あなたは大丈夫?PMSチェックリス卜

肌荒れやニキビが出たり、化粧のノリが悪い。
むくみが出る。
食欲増進や体重増加。
肩こりがひどくなる。
イライラして怒りっぽくなる。
とにかく眠い、疲れやすい。

症状はひとつではなく、いくつも絡み合った状態で現れることも多いです。
女性ホルモンの分泌が大きく増減することで起こるのがPMS。

セロ卜ニンが不足して、落ち込んだり腸の動きが悪くなることで便秘になったりします。
ス卜レスがあると症状がひどくなる傾向にあります。

溜めこまないケアでPMSは軽くなる!?

PMSの症状も症状の重さも本当に人それぞれ。
生理の3〜10日前ぐらいから不調を感じることが多いのですが、人によっては生理の2週間前から具合が悪いなんてこともあります。

PMSは生理前の黄体期に体が水分などを溜めこもうとするゆえに起こる症状。
溜めこみすぎないように、排出を心がけるといいです。

排出はリンパを流すマッサージや、排出を促すカリウムを多めに摂取するとかです。

何よりも無理しないこと、仕方がないと寛容になることが大事です。
楽な気持ち過ごしましょう。

リズムを整えるセルフケア

生理前の黄体期は水分も栄養分も溜めこみやすくなっている状態です。
PMSを治すのは難しいけれど、滞りを流すケアで少しでも軽くすることは可能です。

でも一番大事なのは自分をいたわって甘やかすことです。

緊張をほぐすストレッチ

冷え、睡眠不足、ストレスが重なり合うと、PMSもひどくなる傾向にあります。

寝る前に軽く温めつつ、緊張している腰周りの筋肉をほぐしてあげるのも有効です。
血行を良くすることを目的に無理のない範囲で。

食べて体を温める

野菜は体に良いはずだけど、意外にも冷えの原因になります。

スポンサードリンク

生野菜は繊維が硬く消化に手間がかかります。
しかも、冷たいから内臓が冷え、消化能力も低下。

ゆでるなど加熱すれば消化がよくなって、体も温まりやすくなります。

寝る時間を決める

規則正しい生活がPMSの症状緩和には効果的です。

睡眠はたっぷりとったほうがいいです。
カフェインやアルコールは神経の緊張を招き、不安感やイライラを悪化させることになるのでなるベく控えたほういいです。

PMSサプリ

どうしてもツラいときはサプリメントに頼るのもあり。
ホルモンバランスの乱れれからくる不快な症状を緩和してくれます。

クリニックで処方しているサプリは、生理前の2週間に内服するものです。
症状が出たときに飲めばいいので気軽に試してみてください。

デリケートのかゆみ

生理中や生理前に感じることの多いデリケ一卜ゾーンのかゆみ。
仲良しの女友達であっても、ちょっと相談しづらいのがホン卜のところ。

長引くようなら、病気のサインかもしれません。

かゆみのほとんどがムレや摩擦によるもの

下着やナプキンとの接触や、生理中のムレによって起こる「かぶれ」が、ほとんどの原因です。
数日で治ったり、市販の軟膏で改善するなら、それほど深刻にとらえなくて大丈夫。

清潔にしようと石けんでゴシゴシ洗うと、かゆみだけでなく臭いなどの原因にもなるので注意です。

気をつけるべきは、かゆみが続く状態です。
何日も激しいかゆみが続いたり、おりものに異常が出てきたら、性感染症かもしれません。

早めに婦人科へ行ってください。

まずはかゆみを抑えるセルフケア

ムレやかぶれの原因を取り除くことが先決です。
生理用品や下着が合っていない場合もあるので、一度見直してみてもいいかもしれません。

密閉して湿度が高くなるとムレが起こるのでサイズのキツい下着もNGですよ。

市販薬を試す

お風呂上がり、手とデリケートゾーンを清潔にした状態で塗りましょう。
ちなみに、洗うときは常在菌を殺さないよう、お湯で流すだけで十分です。

1週間経っても症状が改善しない場合は病院へ行ってください。

ナプキンはこまめに替える

ナプキンを当てているとどうしても湿った状態になります。
吸収されずに残った経血や汗で肌が刺激されると、かぶれが起きてかゆくなります。

蒸れない設計のナプキンを、1〜2時間おきに替えてください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました