予防

ノウハウ

1986年以前生まれは肝炎ウイルス検査へ肝臓がん予防対策

1986年以前に生まれた人は、今も体の中にB型肝炎ウイルスがいるかもしれません。 というのも、1986年から出産前に母親の肝炎ウイルス検査が実施されたから。 現在のB型肝炎ウイルスの主な感染源は母子感染。(1986年以降に生まれた人が多くなれば、この現象はなくなるはず) 肝臓がんの原因の8割は肝炎ウイルス。 ウイルスが体にいても自覚症状なし。 1986年以前に生まれた人は、突然肝臓がんを宣告される前に、一生に一回肝炎ウイルス検査を受けましょう。 肝炎ウイルスは普通の生活ではほとんど感染しません。 肝炎ウイルスに感染していても、全員が肝臓がんになるわけではありません。治療するこはできます。
ノウハウ

動脈硬化を予防するオメガ3、えごま油と亜麻仁油

動脈硬化を予防するには食生活の改善が重要です。 積極的にとりたいものに、オメガ3系脂肪酸(DHA、EPA)を含むものがあります。 青魚やえごま油で血液をサラサラにする。 刺身やカルパッチョで食べるのがおすすめです。
ノウハウ

インフルエンザの感染予防6つの対策、うがい効果なし

今年も気になるのがインフルエンザの大流行。 インフルエンザの感染予防に力を入れているご家庭も多いことでしょう。 子供、受験生、お年寄り、お父さん、お母さんはインフルエンザになったら大変ですからね。 実は昔からやっているインフルエンザ対策が効果がなかったという情報もあります。 最新の研究によってインフルエンザ予防も進化しています。 正しい情報を知ってインフルエンザにかからないよう万全の対策を行いましょう。
ノウハウ

子供が夏になる病気の予防と対策

太陽がギラギラ照りつける、夏は、体調を崩しがち。 旅先での体のトラブルも、心配ですよね。 イザというときに慌てないために、夏に多い体の卜ラブルの予防策や対処法を集めてみました。 子供とお年寄りは注意が必要です。
ノウハウ

手足口病は2年に1度大流行!2019年も注意、症状、感染芸能人

毎年子供を中心に夏に流行している感染症が手足口病。 手足口病になる9割が5歳以下の乳幼児で、そのほとんどが2歳以下。 手足口病は飛沫感染と接触感染するので大人でも発症します。 大人でも症状が出る人と出ない人がいて個人差がある。 手足口病は2年に1度流行る病気なので次は2019年に流行るでしょう。
テレビ

睡眠負債を返済して癌・認知症を予防。チェックリストを確認

「睡眠負債」とは何なのか? 2017年6月19日(日)21:00~22:00にNHKで放送がありました。 睡眠負債が危ない~“ちょっと寝不足”が命を縮める~ がんや認知症などの重大疾病につながる“睡眠負債”。 最新研究や改善策を伝えるとともに、疑問・質問に専門家が生放送で回答しました。
タイトルとURLをコピーしました