マニのブログ

お役に立つ情報をお届けします。

体の悩み

関節痛対策は軟骨成分の補給だけでは不足|65歳女性の症状

年齢とともに増加傾向にある関節痛。
そのまま我慢を続けると痛みは増加していく。

やがては通常の生活を過ごすことさえ困難な状況に。
近年主流となっている軟骨成分の補給という関節痛対策を実践している方もいるのでは?

しかし、その方法には大きな落とし穴があるのだという。

そこで今、その穴を埋めることが可能な「関節痛対策」が主流となってきてる。
関節対策の素材もご紹介します。

スポンサードリンク

軟骨成分の補給だけでは不足だった関節痛対策

年齢を重ねてくると、避けては通れないであろう関節痛の悩み。

年齢とともに筋力が弱くなり、関節にかかる負担が大きくなることや、長年にわたり関節を使い続け軟骨がすり減ってくることが主な原因の変形性関節症。

男性にも女性にも起こる症状だが、女性の方が発症率が高いという。
痛みは、すり減った関節軟骨がクッションの役割を果たせなくなるため生じる。

歳のせいとそのまま放置していると、関節軟骨はどんどん消滅してしまう。

最終的には骨と骨がぶつかる状態になり痛みも増大してしまう。
そうなると日常生活を送ることさえ困難な状況になる。

65歳女性の心境

ひざや腰の痛みって、歳をとれば来るものだからと諦めていました。
特に左足が痛くなることが多くて、動くたびに「痛ッ!」と声をあげてしまうんです。

腰も酷くて、とにかく痛いところを庇うようにゆっくり行動していました。

一時は、階段の上り下りは手すりがないとできない状態までに。
そこで、グルコサミンを飲み始めたのですが、なかなか成果が現れなくて焦っていました。

軟骨成分を摂るという対策には重要な問題が

最近は、グルコサミンなどの軟骨成分を摂るという対策を多く目にするが、そこには重要な問題がある。

スポンサードリンク

血管やリンパ管などが通っていない関節軟骨は、関節液からしか栄養分を取り込むことができない。
問題はこの関節液を出すためには、関節を動かさなければならないということ。

関節を動かさない限り、関節軟骨へ栄養分を届けることができないのだ。

既に関節痛で悩んでいる人に、関節を動かせというのは酷な話。
まず最初にやるべきことは、痛みを取り除き、関節を動かせる状態に戻すこと。

そこで、初めて軟骨成分を届ける準備が整う。
そのため、単に軟骨成分を補給すればよいというわけではないのだ。

痛みの元を解消する方法

中医学では、ひざの痛みは冷えから始まるといわれていて、風・寒・湿という要因が気や血の流れを滞らせてしまい、痛みが生まれると考えられている。

その気や血の巡りをスムーズにすることで冷えが解消され、その結果ひざの痛みも緩和されるという。

そこでいま、軟骨成分を補給するという方法に代わり、痛みを抑える対策に注目が集まっている。
それは、キンコという食材を活用したものだ。

その成分を調べるとコンドロイチンやコラーゲン、サポニン、分岐鎖脂肪酸、マグネシウムといったひざ関節の炎症を抑え、痛みを緩和する成分や血流をよくしてくれる成分が豊富に含まれていることが判明しました。

そして、この根室沖には、良質のキンコが生息しています。
しかし、加工には高度な技術が必要で、一般流通させることが難しい。

通販でキンコは売っていましが高額でした。
お金に余裕がない場合は、とにかく冷えをなくし気と血流を良くすることですね。

合わせて摂りたい関節対策素材

コプリヌス

ヨーロッパでは高級食材として知られるキノコ。
一部のキノコしか合成できないという「エルゴチオネイン」というアミノ酸を含有。
抗酸化力、抗炎症作用を持つ。

ガルガル

マイタケの一種で、カルシウムの吸収をサポー卜するビタミンDを豊富に含有している。
その含有率は椎茸の30倍以上もあるという。

キダチアロエ

栄養価が高く、有機ゲルマニウムやネバネバ物質のムコ多糖類を豊富に含有している。
関節や軟骨の炎症の進行を抑える慟きに期待の高い食材。

スポンサードリンク

-体の悩み
-, , ,

おすすめ記事一覧