マニのブログ

お役に立つ情報をお届けします。

ノウハウ

20代の女性でお金が貯まる人と貯まらない人の違い


同じくらいのお給料。
ファッションやメイク、旅行を楽しんでいるように見える。

なのにお金が「貯まる人」と「貯まらない人」に分かれてしまうのはなぜか?
20代の女性でお金が貯まる人と貯まらない人の違いをお伝えします。

スポンサードリンク

20代女性の月収(手取り)や貯蓄額

総貯蓄額 平均187.3万円

平均年間貯蓄額 平均47.5万円

月収(手取り) 平均19.2万円

年収(手取り) 平均243.5万円

平均総貯蓄額は、約187万円と判明しました。
少ない人は0円から、多い人は1000万円を超えるという人までさまざま。

また平均手取り月収は19.2万円。
平均手取り年収は約243万円。
毎月手取りのを五分の一を貯蓄している。

*まぁ、大体こんな感じだと思ってください。
完璧なデータではありません。

コツさえ掴めば誰でも「貯まる人」になれます

・同僚は私と同じくらいのお給料なのに、いつもオシャレ。
私は欲しいものがなかなか買えないのに、なぜだろう?

・お金を貯められる人は、もともとセンスがある人なのでは?
私は一生貯められない気がする……。

なんて思っていませんか?

貯まるか貯まらないかは、ちょっとしたコツで変わります。

同じお給料でも、好きなものを買って毎日が充実している人。
いつも「お金がない」と嘆いている人もいますよね。

つまり、貯蓄は収入によって変わるのではなく、お金の考え方、使い方の違いで変わるのです。
お金の考え方、使い方がぅまくいけば、誰でも「お金が貯まる人」になれます。

貯蓄がたくさんると安心できるだけではありません。
毎日が充実した素敵女子になれるメリッ卜があります。

スポンサードリンク

一度、貯まることを実感できると、成功体験として身につきます。
そこからさらにお金が貯まりやすくなります。

心に余裕もできてス卜レスがなくなり、衝動買いが減ってさらに貯まるという好循環。
20代の女性でお金が貯まる人と貯まらない人の違いを下記に記します。

20代の女性でお金が貯まらない人

・いつの間にかお金がなくなっている。
・ちょっと、だらしないTPOに合っていない服装。
・手当たり次第に買う
・好きなモノが買えない。
・部屋がモノであふれている。

貯まらない人の毎月の平均貯蓄額は、一人暮らしで2万円未満。
実家暮らしで3万円程度という結果に。

総貯蓄額は50万円未満。
いつの間にかお金がなくなっている傾向があります。

本来、貯まる人よりも多くお金を使っているはずです。
が、本当に欲しいものにお金を使えていないので、ストレスが溜まっている人が多いようです。

20代の女性毎月の蓄額平均

毎月の貯蓄額平均
一人暮らし 1.9万円
実家暮らし 3.2万円
総貯蓄額平均 42.6万円

「貯まらない人」……年間貯蓄額が、実家暮らしは96万円未満、一人暮らしは48万円未満。

20代の女性でお金が貯まる人

・財布の中を把握している。
・きちんとした身なりをしている。
・欲しいものを買っている。
・買い物する前に考える。
・自分に必要なモノを知っている。

貯まる人は1人暮らしで平均月4万円以上を貯蓄。
実家暮らしで平均月8万円以上を貯蓄しています。

総貯蓄額は400万円近くという結果。

でも、何もかも我慢しているわけではありません。
身なりもきちんとして、充実感にあふれています。

しかし、お金に余裕があっても心に余裕がない人もいます。

20代の女性毎月の蓄額平均

一人暮らし 4.1万円
実家暮らし 8.3万円
総貯蓄額平均 392.4万円

「貯まる人」……年間貯蓄額が、実家暮らしは96万円以上。一人暮らしは48万円以上。

スポンサードリンク

-ノウハウ
-, , ,

おすすめ記事一覧