認知症

ノウハウ

レシチンで認知症予防、加齢性難聴は注意

お年寄りに耳の不自由な方が多い。 誰から教わることもなく、なんとなく子供の頃から知るようになります。 ご老人の耳が遠い現象を加齢性難聴といいます。 ミトコンドリアの機能低下、神経伝達物質の減少などが原因といわれています。 加齢性難聴は認知症になる可能性が高いとも指摘されています。 両親や祖父母の耳が遠くなったら、認知症も注意ですね。 そこで注目されているのがレシチン。
体の悩み

認知症・アルツハイマーの検査、脳ドックVSRAD

もし、自分や身近な人が認知症になってしまったら・・・。 1度はそんな不安を抱いたことがある人も多いと思います。 そもそも認知症を引き起こす病気のうち、もっとも多いのは脳の神経細胞がゆっくり死んでいく「変性疾患」というもの。 アルツハイマー病はこれにあたる。 続いて多いのが脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などのために神経細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、その部分の神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れる「脳血管性認知症」です。 何とも気がかりな認知症。 症状が出ていなくても因子を危惧するが、そんなときに受けたいのが脳ドックVSRAD。
テレビ

睡眠負債を返済して癌・認知症を予防。チェックリストを確認

「睡眠負債」とは何なのか? 2017年6月19日(日)21:00~22:00にNHKで放送がありました。 睡眠負債が危ない~“ちょっと寝不足”が命を縮める~ がんや認知症などの重大疾病につながる“睡眠負債”。 最新研究や改善策を伝えるとともに、疑問・質問に専門家が生放送で回答しました。
タイトルとURLをコピーしました