マニのブログ

お役に立つ情報をお届けします。

お祭り 花火大会

多摩川花火大会で混雑するのは世田谷?川崎?帰り方も注意

2019/01/23

01CLP30007

当ブログに訪問いただきありがとうございます!

多摩川花火大会は世田谷と川崎の2ヶ所で開催され、同時に花火大会をします。

両方、見ることも可能です。
この場合は2ヶ所が見れる場所の確保が必要です。
ただし、場所取り合戦があるので大変です。

どちらか1つを選んだほうが確実です。

世田谷と川崎では、どちらが込むのか?

そして、帰り道に混雑しない方法をお伝えいたします。

スポンサードリンク

多摩川花火大会で混雑するのは世田谷?川崎?

結論から言うと「世田谷」のほうが混みます。

川崎も混みますが、どっちかでいうと世田谷です。

理由は世田谷のほうへ行く人のほうが多いからです。
当たり前ですよね。

川崎市の会場と世田谷会場と両方で見たときの実感です。

会場別の人口は発表されていませんが、両方あわせて60万人~70万人。
多い年で100万人です。

もし、混雑しない方へ行きたいのなら川崎ですね。

花火の規模は世田谷ほうが大きいと言う人もいれば、川崎のほうが大きいと言う人もいます。

どちらも込むことには変わらないので覚悟が必要です。

スポンサードリンク

そして、打上数は各会場6000発。合計で12000発です。

見応えあります。
花火大会が中止になる地域も増えています。

多摩川花火大会で混雑しないのは川崎

川崎会場、世田谷会場での主な駅は二子玉川駅です。

場所取りは早いに越したことはありません。

当日の午後3時から場所取りができます。

場所取りの範囲は1人90センチ四方です。
そして、場所取りの人がいないと無効となります。

花火当日の午後6時頃は驚くほど人がいます。

時間に余裕をもたせて行動してください。

混雑せずに多摩川花火大会を見る方法があります。

その方法とはテレビで中継を見ることです。

イッツコムで生中継されます。

これなら混雑の心配はありません。

再放送もあります。

多摩川花火大会で混雑した場合帰りはどうする?

なるべく混まないで帰る方法は2つあります。

1つは二子玉川駅で帰らずに二子新地駅で帰ることです。

ただし、余計に歩くことになり疲れます。
時間もかかります。お腹も空きます。

もう1つは花火大会が終わる前に帰るという方法。

最後まで見ることはできません。

帰りながら見ることはできますが危ないですね。

まとめ

多摩川花火大会で混雑するのは世田谷会場。
川崎会場と世田谷会場の場所取り時間は午後3時から。

混雑を避けて帰るには二子新地駅にするか早く帰ることです。
スマホは無くさないように確認。

夏は暑いからテレビで中継見ちゃうのもあり。
熱中症で倒れたり、人混みで変なトラブルに巻き込まれるのもイヤかも。

スポンサードリンク

-お祭り, , 花火大会
-,

おすすめ記事一覧