検査

ノウハウ

1986年以前生まれは肝炎ウイルス検査へ肝臓がん予防対策

1986年以前に生まれた人は、今も体の中にB型肝炎ウイルスがいるかもしれません。 というのも、1986年から出産前に母親の肝炎ウイルス検査が実施されたから。 現在のB型肝炎ウイルスの主な感染源は母子感染。(1986年以降に生まれた人が多くなれば、この現象はなくなるはず) 肝臓がんの原因の8割は肝炎ウイルス。 ウイルスが体にいても自覚症状なし。 1986年以前に生まれた人は、突然肝臓がんを宣告される前に、一生に一回肝炎ウイルス検査を受けましょう。 肝炎ウイルスは普通の生活ではほとんど感染しません。 肝炎ウイルスに感染していても、全員が肝臓がんになるわけではありません。治療するこはできます。
体の悩み

認知症・アルツハイマーの検査、脳ドックVSRAD

もし、自分や身近な人が認知症になってしまったら・・・。 1度はそんな不安を抱いたことがある人も多いと思います。 そもそも認知症を引き起こす病気のうち、もっとも多いのは脳の神経細胞がゆっくり死んでいく「変性疾患」というもの。 アルツハイマー病はこれにあたる。 続いて多いのが脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などのために神経細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、その部分の神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れる「脳血管性認知症」です。 何とも気がかりな認知症。 症状が出ていなくても因子を危惧するが、そんなときに受けたいのが脳ドックVSRAD。
体の悩み

卵巣がん・子宮がんの検査なら経膣超音波検査

卵巣がんの発見にもっとも有効な方法は経膣超音波検査です。 卵巣は骨盤の奥にあり、外側から細胞や組織を採ることができないので、早期発見が特に難しいのが卵巣がんですが、この検査では早期発見も可能です。 膣内部から超音波を当て、はね返ってきた反射波(エコー)を画像化することで、卵巢や子宮の状態をすぐに観察できるのです。
タイトルとURLをコピーしました