マニのブログ

お役に立つ情報をお届けします。

体の悩み

歯の着色の原因と落とす方法。歯医者さんに行きたくない。

2016/08/18

01IL01099

普通に生活をしていると歯が黄色くなります。
歯の着色ってやつです。

昔は虫歯がありましたが今はありません。
食後にお茶を飲むとこも多く、水以外ではお茶をよく飲んでいます。

毎日、歯を磨いていますが歯磨き粉はつけません。
なぜかというと、そのほうがいいと歯科医に言われたからです。

簡単にいうと、歯磨き粉をつけると歯を磨いた感が強くなり、あまり磨かれていなくても、磨いた気になっているからです。

鏡で歯を見て磨くのが虫歯予防の鉄則です。

しかし、歯磨き粉をつけないことによるデメリットがあります。
それが、歯の着色です。

スポンサードリンク

歯の着色の原因

ステインという言葉は知っていますか?
歯の着色汚れのことをステインと言います。

歯の着色の原因は主に飲み物とタバコです。
加齢も歯の着色の原因となります。

【ステインが付着する飲み物】
・お茶
・紅茶
・コーヒー

ステインが付着する飲み物の中にステインの元となるタンニンやニコチン、カルシウムや金属イオンなどがあります。

このステインの元となる物質と唾液が結合すると歯が黄色くなったり黒くなります。

歯が黄色い人の特徴はお茶・紅茶・コーヒーをよく飲む。
タバコを吸う。
高齢者などです。

スポンサードリンク

歯の着色を落とす方法

自分ではを白くする方法と他人に歯を白くしてもらう方法があります。
他人というのは、歯医者さんへ行くことです。

自分で歯を白くする方法にはどんなのがある?

・ステインが付着する飲み物を控える。
・歯を磨く。

歯を着色を除去する消しゴムがあるのでそれを使う。

着色汚れやヤニをやさしく溶かして落とす薬用成分が入っているものを使って歯を磨く。
薬用成分とは具体的にいうと「ポリビニルピロリドン」です。
「メタリン酸Na」「ポリリン酸Na」「DL-リンゴ酸」など。

以上が配合されている歯磨き粉は値段が高いのです。
しかし、無料で歯を白くするのは無理です。

超音波電動歯ブラシで歯を磨く方法もあります。
ホワイトニングをする。

歯の着色を落とすために歯医者さんに行きたくない

ホワイトニング目的のクリーニングの場合は保険が効きません。
ちなみに相場は5,000円~10,000円です。

保険を適用させるには歯周病治療を目的とすることです。
でも、私の経験ではそんなに歯は白くなりません。

芸能人のように歯を真っ白にするにはお金がかかります。
宣伝になるので芸能人はお金は払っていないことも考えらます。

歯を白くするために歯医者へ行くには2つのパターンがあります。

○普通の歯医者さん。
○審美歯科

本当に歯を白くしたいなら審美歯科。
人並みの歯の色にしたいときは歯医者さん。

以上のようなイメージになります。

まとめ

歯の汚れのコンプレックをなくしたいなら審美歯科へ行く。

平均的な歯の白さにしたいなら歯周病治療を目的とする歯医者。

歯医者に行きたくない場合は専用の歯磨き粉などを使う。

スポンサードリンク

-体の悩み
-

おすすめ記事一覧