マニのブログ

お役に立つ情報をお届けします。

ノウハウ 体の悩み

基礎代謝を上げる筋トレと入浴

%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e4%bb%a3%e8%ac%9d%e3%82%92%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%82%8b%e7%ad%8b%e3%83%88%e3%83%ac%e3%81%a8%e5%85%a5%e6%b5%b4
日常生活の中で手軽に脂肪を燃焼させる習慣を取り入れましょう。
そうすることでダイエット効果が高まります。

時間に余裕があるときは、痩せやすい体をつくるチャンスです!

スポンサードリンク

基礎代謝を上げる 筋トレ

筋肉を鍛えて基礎代謝をアップ

基礎代謝が高い人とは、何もしない状態でエネルギー消費量が多い人のこと。
同じカロリーのものを食べても太りにくいという、とてもうらやましい体質です。

基礎代謝の量は年齢や体型によっても変わりますが、筋肉の量が多い人ほど高くなります。

基礎代謝を上げるには、運動で筋肉をつけるのが一番。
といっても、特別に激しい運動をする必要はありません。

ウォーキングをしたり、仕事の合間やテレビを見ながら短時間で行える筋トレをするなど、こまめ
に筋肉を刺激しましょう。

壁腕立て

腕立て伏せは上半身にあるほとんどの筋肉を同時に鍛えることができます。

腕立て伏せが苦手なら人は壁に手をついて行う壁腕立てをしてください。

・壁に手をついてまっすぐ立つ。
・ひじを曲げながらゆっくりと壁に胸を近づけます。

スポンサードリンク

5~10回ずつ、5セット繰り返します。

スクワット

筋肉の7割は下半身に集まっています。

スクワットで下半身の筋肉を鍛えましょう。

・手を頭の後ろで組み、足を肩幅より広めに開いて立ちます。
・背筋を伸ばして息を吸いながらしゃがみ、息を吐きながらゆっくり立ち上がる。

10回ずつ、5セット行う。

もも上げ

下半身の筋肉と腹筋が鍛えられるトレーニングです。

・足をそろえてまっすぐ立つ。
(片乎を壁やテーブルにつけても可)
・片脚ずつ太ももを引き上げる。

片脚ごとに10回、5セット紗り返してください。

基礎代謝を上げる 入浴

正しい「入浴」で芯から温まる

低体温はダイエットの敵。

最も手軽に体を温めるのはお風呂に入ることです.

でも最近は冬でも湯船に浸からず、シャワーだけで済ませている人が多いよう。

それでは十分に体を温めることはできません。
心地いいと感じる温度で10分は浸かりましょう。

深部体温が約2℃上昇し、代謝が上がり、カロリーが消費されやすくなります。

すりおろした生姜を布袋に入れて湯船に浸ける生姜湯。

500グラムの自然塩を入れる塩風呂なら、さらに温浴効果が高まります。

基礎代謝を上げる 腹巻き

「腹巻き」でお腹の冷えを撃退

お腹の中にはさまざまな臓器が詰まっています。

腹部を温めるとこれらの臓器も温まり、それぞれの臓器の働きがよくなります。

内臓が活発になったことで全身の体温が上がり、代謝もアップして痩せやすくなります。

お腹を温めるには腹筋を鍛えることも効果的ですが、日ごろから腹巻きを着けてお腹を温めることを
おすすめします。

便秘やむくみが解消されたり、風邪を引かなくなるなど、体の不調も改善されます。

スポンサードリンク

-ノウハウ, 体の悩み
-

おすすめ記事一覧